FC2ブログ

備忘録みたいなもん
 

本のこと、音楽のこと、鳥のこと、花のこと、サッカーのこと・・・などなど
気の向くままに、思いつくままに
by Baum
     

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私の子どもたちへ


昨日、笠木透さんのコンサートに行ってきた。

笠木透さん→wiki

彼の名作に「私の子どもたちへ」という曲がある。
初めて出会ったのは今から30年以上前、
高石友也とザ・ナターシャーセブンのLPだった。→Youtube






歌詞はJASRACの許諾を得ているらしいHPから引用させてもらおう。
「うたごえ喫茶」(安っぽいMIDIがなるので要注意!)
http://www.utagoekissa.com/kodomotachi.html

   生きている鳥たちが
   生きて飛びまわる空を
   あなたに残しておいて
   やれるだろうか 父さんは
   目をとじてごらんなさい
   山が見えるでしょう
   近づいてごらんなさい
   コブシの花があるでしょう

高校時代の変わり者の教師のおかげで
環境汚染や公害の問題に出会い、東大の公開講座にまで通い、
その流れで身の回りの自然への意識を強く持つようになった。
そんな自分には、この詞はどこかバイブルに近い響きがした。
その後、結婚して子どもが出来て、
こんな親でありたい、大人でありたい、という意識はずっと持ち続けてきた。

仕事を始めて、こういった音楽環境から離れて
15年ほど前にひょんなきっかけで再び出会い現在に至るわけだが、
再会する前からもこの曲は
自分の中でふとした拍子に「口ずさんでしまう曲」として
ずっと、頭の片隅にいた。

3番の歌詞はこうだ。

   生きている君たちが
   生きて走り回る土を
   あなたに残しておいて
   やれるだろうか 父さんは


だけど・・・

福島第一原発の事故で大量の放射性物質が飛散した。
原発の近傍はもとより、
福島の中通りや遠く茨城や東葛、さらには群馬の山々まで、
飛散した放射性物質で土壌は汚染してしまった。
不幸中の幸いで、我が家は高濃度の汚染は免れたけれど
それは本当にちょっとした風向きと雨の偶然の結果。
自分の住む場所がそうなっていてもおかしくなかった。

選挙権を持って30年ちょっと。
僕らは、成り行きとはいえそんな原発の稼働を黙認してきた。
「安全神話」に乗っかって、うたかたの幸福を貪っていた。
さらにいえば、僕らはアトムの子だ。
原子力に強い憧れを持って育ち、その力を存分に享受してきた身だ。
だけど、それは幻想であり、間違った力だったのだ。

結果として
僕らは「残しておいて」やれなかったのだ。

子どもたちが自由に走り回れる山野を。
鳥が飛ぶ梢や、魚が群れる川を。

あの日以来、僕はこの歌が唄えなくなった。
聴くことすら苦痛だった。
だって、残しておいてやれなかったんだもの。
いまさらこんな唄、どのツラ下げて唄うんだ。
ものすごい罪悪感を感じた。

今回のコンサートのタイトルがこの曲のタイトルだった。
それはつまり、必ず唄うということ。
笠木さんはどんな顔をして唄うのだろうか?
この歌詞について、何か言うだろうか?
集まった他のお客さんの反応は?




そして

予想通りコンサートのエンディングで唄われた。
元気に。みんなで。
・・・

そこに答えはなかった。
唯一のヒントは笠木さんが語った
「僕たちは生きてきた中でなりゆきで原発の稼働を許してきた。
 その結果、事故が起きた。
 だけど僕たちが悪いんだと考えすぎてはいけない。
 あの戦後の混乱と同じく一億総ザンゲ状態にしてはいけない」
ということ。
言いたいことはわかる(つもりだ)。
全体主義に陥るなということだろう。

でもわからない。

僕らは被害者でもあり、また、加害者でもある。これは事実だ。
そこから、その反省から、
これからの未来が決まるのではないか?

笠木さんは岐阜の人だ。当事者意識が希薄なのかもしれない。
でも、あの会場に集った人たちは、
関東に住むあの人たちはどう思って唄っていたのだろうか?
あなたは「残しておいて」やれなかった張本人じゃないんですか?
もはやあなたの生きているうちには、
残すどころか、元に戻らないところがたくさんあるんですよ。

僕にはわからない。そして、
たぶん、もう唄えない。

関連記事
  1. 2012/02/10(金) 12:07:56|
  2. Nature
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<権現堂堤 | ホーム | 立春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://baum0111.blog114.fc2.com/tb.php/633-a68681fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Baum

Author:Baum

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お友達リンク


-------------------- --------------------

カウンター

日めくりカレンダー

baumのつぶやき on twitter


経県値

携帯でも読めます↓こちらからどうぞ!

QR

Flashpiano mini

Guiter Chord Book

浦和レッズ日程

Jリーグ日程

Amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。